うたたね日記〜姫言葉ヒメゴト〜えいひ嬢による日々の言ノ葉を綴る、うたたね日記。

| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | RECOMMEND | OTHERS |
2014年4月17日 

2014040118530000.jpg


ハローベイビーズ。ゴキゲンいかがですか?
お久しぶりの登場、しいなえいひで御座います。

前回のうたたね日記で「推して参る!」と言い残し、旅立ってから早幾日。
あの日博多駅から飛び乗った列車の行く先は、
まさに「推して参る!」との言葉通りの、波乱万丈な旅でありました。

3月22日から、4月4日にかけての二週間、晴れの日も雨の日も、
否応なしに走り続け、気が付けばまた、常に生傷が絶えない毎日を過ごすことに。

まずは手始めに初日から膝をバックリ、他にもすり傷やら打ち身やら痣やら、
この二週間の間に、こさえた傷やいかほどか。
けれど等の本人は、そんな事など気にしやしませんぜ!ってな塩梅で
膝からダラダラと血を流しながら「これって血のりだよね?えっ?!自前?!」
なんて、まるで他人事のようにのほほんと笑っている始末。
更には「でもちゃんとカメラを通り過ぎた後にコケたから大丈夫!!」
なんてドヤ顔してるってんですから、しいなえいひさんってやっぱり、
少しおかしな人なんでしょうね。

なんというか、こういう時いつも自分に対して思うことは、もう少し要領よくというか、
いい具合に手加減ってやつができないものかということであります。
けれどもなかなかどうして、あの声でスタートの合図がかかると、
バチッとスイッチが入るかのように、ある種のリミッターが外れてしまうとでも
申しましょうか、気が付けば「うおりゃああああ!!」ってな具合に、
喧嘩上等も大概にしとけよ的な、あの力のあり余り方はいったいどこから来るのか
と言う感じで、後で振り返って考えると、そんな自分が少し怖くなったりもします。

全く普段のあたしは、「自称・明るい引きこもり」の名にふさわしい、
借りてきたパンダのような、忍ぶ穏やかな日々を過ごしているというのに。

けれどそれはあたしにとっての、必要な両方のスイッチなのかもわかりません。
どちらが欠けてもいけない、しいなえいひがしいなえいひで在るためのスイッチ。

もしも出し惜しみをしたら、そこで終わってしまうような気がするというか。
明日死ぬかもしれないし、これが最後かもしれないって、いつも考えてる。
ここにいるのが当たり前ではなく、私は自分がちっとも器用じゃないことも知って
いるので。だからせめて、私を本当に必要としてくれる人たちの前では、
向かい合える時間を前に、精一杯余力を残さず、今を生きるのみ。

ボロボロに刻まれた傷は、いつも帰ってから治す方向で。
借りてきたパンダに戻れる時間があれば、またいつか、
笑えるような気がするのです。

2014年、しいなえいひの記念すべき女優再始動となる作品が
この組の作品で本当に良かったと思う。

7年前に撮影した、東京残酷警察の時のあの気持ちを、
わたしはこの作品で、もう一度思い出せたような気がする。
全てのはじまりは、ここから。そして最後に、私が還るべき場所もきっとここ。

いつかこの作品が、一人でも多くの皆さんの心に、届くことを願いつつ。

他にもお話したいことや、お知らせしたいこともありますが、
また後々、情報解禁のタイミングに合わせて追々と。
ちなみにブルーベアハウスのスタッフ日記にも、撮影についての姫のレポが
載っております。良かったら探してみてくださいませ。

そして今日は偶然にも、記念すべき姫の日じゃあありませんか!
何でかって?ふふ・・・答えが気になる人はDJ亜星のツイッターを検索してみましょう。
でっかい姫の写真と共に、その答えに行きつくはずです(笑)
ありがとうDJ亜星・・・愛を込めて姫から、熱い投げキッスを送ります。

それではまた、お会い致しましょう。
ベイビーズにとって今日という日が、イケてる一日でありますように。
愛を込めて夜露


(写真は先日の東京でホテルまでの帰り道で見た夜桜。赤坂にて。
都会の桜も、なかなか良きもの哉)

   

しいなえいひ
| 02:34 | - | - |
<< NEW | TOP | OLD>>