うたたね日記〜姫言葉ヒメゴト〜えいひ嬢による日々の言ノ葉を綴る、うたたね日記。

| CALENDAR | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | RECOMMEND | OTHERS |
姫のゆうばり国際ファンタスティック映画祭レポート その3


3月1日の続き 西造イベント

最終会議を終え、会場に着くとすでにイベントは盛り上がっていた。
控室に入ると西村さんや塩ちゃんナコ(水井真希)や衣緒菜が居て
みんなそれぞれに忙しそうに次の出し物の準備をしている。
イベントは今日の朝10時半から開催され、私が審査会議を終えて会場に着いた頃に
は、もう開催から12時間近く経過していたということだ。
本当にみんな、心からお疲れ様という感じだ。

みんなテンション大丈夫かな?疲れてるんじゃないかなと心配していたが、
イベントへの熱い想いがパワーとなってみんなを動かしているのか、なんとか
持ち直して頑張っているようだ。そんな中、ふと振り返ると西村さんがこの姿で登場。


(ふなっしー西村バージョン・眼鏡の目は西村さんの手作り・さすが造形屋さん)

元気そうだ(笑) っていうかめちゃめちゃ似合ってるし!(笑)

そしてもひとつ振り返るとナコ(水井真希)はこの姿で


(ナコこと水井真希監督・ナコ越しの西村ふなっしー)

こちらもなんとか元気そうだ(笑)

そしてすぐさまわたしも予定されていたイベントに向かう。
審査が伸びて会場に着くのが遅れたこともあって、着替えている時間がなく、
そのままの姿で登場。朝からずっと盛り上がってくれていたお客さんの前でまずは
登場のご挨拶。 「は〜い!皆様〜!しいなえいひよ〜!」マイクを持って
いつものようにご挨拶しながら、西村さんと激しいツッコミを入れながらのトーク。

「今審査が終わって来たばかりだから、ボンテージとかエロい恰好じゃなくてごめんね」なんて言いながらトークをしていると、会場の扉が開き、なんと先ほどまで
一緒に審査会議をしていた審査員の皆様がイベントに来て下さったのだ!

根岸監督、トーマスさん、トムさんの姿も!
全員大集合で、会場に訪れてくださったのだ!


最終審査の前の控室で映画祭のパンフレットを見ながら、
「今日はこれから商工会議所で西村さんたちとSMイベントです」と根岸監督と話していたら、根岸監督が「しいなえいひとほんとにキリキリって、あれだろ?オーディションのやつだろ?西村たちのイベントか」とおっしゃっていた。
「はい、そうです(笑)根岸監督もよろしければいかがですか?歓迎しますよ。しいなえいひのSMショー、是非いかがですか?(笑)
根岸監督「お前ら、商工会議所みたいな真面目な場所で何やるつもりだ(笑)」
なんてお話をしていたのだが、まさか本当に来て下さるとは!

会場の扉が開き、根岸監督や審査員の皆さんが入ってきてくれたところで、
思わずマイクを持ったまま飛び跳ねて喜んでしまった。
「根岸監督ーーー!!みんなーーー!!」
笑顔で手を振りかえしてくれる根岸監督。
根岸さんが首から下げている審査員のパスの裏側には、わたしの差し上げた
しいなえいひ補完計画の写真が!

2014022517160001.jpg
(しいなえいひハガキサイズお名刺・夕張バージョン・根岸監督にお渡ししたものと同じもの)

その写真を笑いながら会場のみんなに掲げてくれる根岸大監督。
トーマスさんもトムも、通訳の方と共に笑顔でこちらに手を振って応えてくれた。
ありがとうございます!!しいな、めちゃくちゃ感激です!!
と思わず嬉し泣きしそうになる。

そしてそのままイベントに突入。西村さんと二年前に撮影し私が主演した
短編映画「HELL CHEF」のシークレット上映。この撮影は二年前の2月3日、わたしの誕生日に撮影された映画だ。こうして日本で上映するのは今回が初めての機会。
実はこの日、仕上がったものを見るのは私も初めてだった。

上映中に西村さんがわたしのところに来て「姫、この上映の後ちょっと歌を歌うから」
と言う。「歌?」そして上映が終わり、スクリーンに映像と音楽が流れ始める。

スクリーンには、今回のオフシアターでノミネートされた水井真希の「ら」
ノミネートをお祝いする映像と、そのあとスクリーンには、歌の歌詞が映し出される。
そして音楽と共に歌詞に合わせてふなっしーの恰好をした西村さんがマイクを持って熱唱。その歌詞は替え歌で、審査員のしいなえいひ斎藤工に向けた歌。

しいなえいひと斎藤工!もし「ら」が賞に選ばれなかったらお前らわかってるだろうな!もし選ばれたら、俺は園子温(監督)と賞金全部飲んでやる!もし選ばれなかったらその時は今度の俺の映画の撮影の時にお前らをイジメ倒してやるから覚悟しとけよ!しいなえいひ!斎藤工!わかったかああああああ!」


という内容(笑)
会場は手拍子と喝采で大盛り上がり。

何も知らされていなかったわたしは、驚きのあまり言葉が出ない。
けれどすぐにそれは西村さん流の私たちに対する、愛情あっての
お約束のコント
みたいなもんだとわかり、すぐに驚きは大爆笑に変わった。

そしてその盛り上がりをそのままに、いよいよしいなえいひとほんとにキリキリしよう!」イベントに突入。「しいなえいひにキリキリしてもらいたい人!」という掛け声に
元気いっぱい手を挙げてくれたファンの方に感謝。
最初は恐る恐る、何をされるんだろうと様子を見つつ、なかなか手を挙げられないでいた方も、西村さん達のやや強引な(笑)勧誘に、勇気を振り絞って手を挙げてくれた。

今回のキリキリイベントで、一番最初に手を挙げてくれた方は、
今回の私がイベントで一番お会いしたかったDJ亜星さん。
今までも、ずっと前から、わたしの活動について、休んでいた間にも
ずっと変わらずにツイッター等でコメントを上げてくれていたり、あたたかい応援で
日々支援してくださっていた方。いつもその名前を各所で目にするたびに、
心からの感謝の気持ちを感じると共に、彼の応援からたくさんの元気をもらっていた。

映画祭に来る前、西村さん達のツイッターでも、彼が今回の夕張に来てくれることを知り、ぜひともお会いしたら感謝の言葉をお伝えしたいと思っていた。
その感謝の形が、巡り巡って針を刺しキリキリするという感謝してるんだか
恩を仇で返してるんだかわからないようなこの謎企画に(笑)

元気いっぱいの笑顔で手を挙げて応えてくれたDJ亜星に心から感謝したい。

イベントの様子のお写真は、あまりにも衝撃なため自粛いたしますが(笑)
会場で一緒に盛り上げてくださったすべての皆さんへ、しいなえいひから、
心からの感謝と拍手を送ります!


そしてこの日彼が着てきてくれていたTシャツは、東京残酷警察のTシャツで、大きく
私の写真がプリントされたもの。西村さんからの「誰にキリキリされたいですか?」との問いかけに元気いっぱい「しいなえいひさんです!」
と答えてくれたDJ亜星さんだった。

1分間の時間で、キリキリ言いながら実際に体に針を刺していく。
「きりきりきりーーーー!!」耳元であのセリフを囁きながら、精一杯
感謝の気持ちで針を刺させていただいた。
ナコも井口さんも、同時に名乗り出てくれた皆さんに針を刺していく。
最後にいくつ針が刺せたかカウントして、優勝者にはプレゼントが渡された。

そしてイベントは次の出し物へと移り、駆け付けてくれた
TAKUMIXも交えて皆でトークショーへ突入。


(井口昇監督・西村監督・斎藤工 男だらけの禁断トーク?!)

完全なるR18トークに会場は大盛り上がり。ここでは書けない男性陣のぶっちゃけトークに会場に来て下さった皆さんも充分おなかいっぱいになっていただけたのではないだろうか。ありがとうTAKUMIX!

私も途中から再度参加し、トークを聞かせて頂く。



イベントはそのあとも夜中の三時半頃まで続き、最後に西村さん達とみんなで
サザエさんのテーマソングをロックバージョンで熱唱しフィナーレ。
イベントをやっている私たちも、会場で最後までお付き合いくださった皆さんも、
めいっぱい燃え尽きた夜だった。

イベントが終了し楽屋での撤収作業を終え、深い雪の中をてくてくと皆でホテルまで歩いて帰る。雪で足元を幾度も取られながら、ヘロヘロのボロボロの燃え尽きた体で、けれど心はなぜだかとても満たされていた夜だった。

そしていよいよ明日は映画祭のコンペの発表と閉会式という大切な仕事が残されている。気合入れていこう、そう思いながら眠りについたのだった。

次回へ続く


次回はいよいよの夕張映画祭レポートも最終回?!
閉会式とクロージングパーティーの様子とその真相に迫る?!
どうか皆様、次回の更新をお楽しみに!



| 19:43 | - | - |
<< NEW | TOP | OLD>>